広島東洋カープ応援ブログ☆☆長さん慕思☆☆

広島東洋カープを応援します!…たまにゆる~い、山走りの話なども。

『新4番』龍馬

f:id:umazake:20210426143207p:plain

広島「新4番」西川龍馬また打った! 打順“誠也の後”に託された本当の仕事(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース

 

考えてみると2019年も『5番西川龍馬』

が一番ハマってたわけで、タイプ的に主砲

の前より、後ろの方が向いてるのでしょう

かね。

4番適正があるというよりも、誠也の前

より後ろの方がベターなのかなと。

西川=アベレージヒッター=3番タイプ

というイメージからは、

3番西川 4番鈴木 5番バティスタ

がしっくり行きそうな気がしましたが、

緒方監督が選択したのは、

3番バティスタ 4番鈴木 5番西川

でしたし、実際これが一番機能しました。

バティスタがアレになるまでは。。

 

 よく分かりませんが、誠也の前だと、

変に出塁する意識が出ちゃって、打撃

が中途半端になるのか?

4番に打順が変わって急に打ち始めました。

率の高い西川が後ろに控えることで、鈴木誠也

の打撃にも好影響が出てる感じで、最初は

『は?意味あんの?』という気がしたこの打順

変更も、なかなか理にかなっているのかも知れ

せん。

鈴木誠也の負担軽減&好調菊池と打順を近く

するのが主眼だったのでしょうが、西川復調

のきっかけにもなって、良いことずくめ。

まぁ、たまたま皆んな打撃の調子が上がって

来ただけかも知れませんけどね。

 

…しかし、打順の並びを眺めると、やはり

クリンナップ級の駒がもう一枚欲しいところ

ですけどね。

坂倉がガッチリ『5番キャッチャー』の座を

掴むか?と思いましたが、まだその域まで

達しませんねー。

繋ぎの5番で、安部とかもアリかも。

クロンの打順を上げるのは、まだ早いかなぁ。