広島東洋カープ応援ブログ☆☆長さん慕思☆☆

広島東洋カープを応援します!…たまにゆる~い、山走りの話なども。

新CS構想&新アジアチャンピオンシップ構想 (その2)

…前回からの続きです。前回は、

①“消化試合の削減”と“ポストシーズン

ゲーム創出”という仕掛けは必要だとして

も、もう少し説得力のある形にすべき

②NPBのチーム数は少なく、大規模な

ポストシーズンの枠組みを構築するのは

難しい→外に目を向け、新アジアチャンピ

オンシップ構想の中にCSを組み入れてみ

てはどうか?

…ということを述べさせて頂きました。

 

今行われている“アジアチャンピオンシップ”

が、そこまで盛り上がっていない(個人の

感想ですが…)ようですので、ここを絡めて

うまく再編成してはどうかと。

こんな感じで↓

 

☆新アジアチャンピオンシップ(以下ACP)

◎参加国・チーム数の拡大

→世界ランキングに応じて各国の出場枠を

 設定

①日本 3チーム

②韓国 2チーム

③台湾 1チーム

④豪州 1チーム

⑤中国 1チーム

計8チームのトーナメント方式で争います。

ランキングの変動により、国別枠も変動させ

ることにより、代表戦の価値も今まで以上

に上がります。

「WBCで負けたから、ACPの出場枠減っ

 てしまう!」とか、

「あぁ、中国はランキング外になってしまっ

 て、今年はACP出られないのか」

とか、結構盛り上がるわけです。

興業として、MLBのワールドシリーズに

匹敵する大会をアジアで作る!

という理念の元、各国協調して日程調整

を行っていきます。

そしてこの国内予選としてCSを位置づける

わけです。

 

☆新クライマックスシリーズ(以下新CS)

①セ・パのシーズン優勝チームにはACPの

 出場枠が与えられる。

→シーズン終了後、2枠は確定します。

②セ・パの2位・3位の4チームで、ACP

 残り1枠を争う“新CS”を行う。

 ファーストステージを

→セ2位 vs パ3位、パ2位 vs セ3位とし、

 ファイナルステージは、勝者同士で対戦。

優勝者がACP出場枠を得る。

③新CSの開催中、セ・パ優勝チーム同士の

日本シリーズ”も開催する。

 

日本がアジアでランキング一位であることが

前提となっていますので、仮に出場枠が2枠

になった場合は、

日本シリーズ勝者

日本シリーズ敗者 vs CS優勝者  の勝者

の2枠でどうでしょう?

毎年仕組みが変わると難しいですね?

なら日本はランキング&開催国枠で、3枠は

必ず貰いましょう。


ちょっと話を広げすぎて、現実味がないで

すかねー?

国内だけで成立する、もっとうまい仕組み

が出来れば良いのですけど。